北の大地で人に酔う(その1)

        
その日は、全国的に大雪に見舞われ、自宅の庭もすっかり雪化粧をして、目覚めたら真っ白だったのでびっくりした。
      

無事に飛行機も離陸して、ホッと一息。
            
数センチの雪でも慣れない土地ならパニックを起こす。
              
これから行く所の人たちにとっては
きっと、大げさ過ぎてお笑い沙汰なんだろうなぁ!

         
ふと、笑いが込み上げた・・・。
       

空港に降り立つ。

        
   
Dsc_5835_3

            
そう、ここは北海道・十勝帯広空港。

   
Dsc_3102_3
海外からも大勢観光客が訪れているはず

       
       
一面真っ白な雪。どこまでも広がる大地。

   
Dsc_5783

     
あの幸福駅や愛国駅、そして最近生キャラメルで有名な「花畑牧場」はすぐそこなのだ。

                                (次回に続く)

  
     Dsc_5739
               
         

The following two tabs change content below.

田中 豊

地域の元気づくりと海外ビジネスを通じて、日本を元気にしたい行動派プロデューサーです。 海外ビジネスの参謀役として長年活動してきました。 とりわけ農林水産業を振興にすることで地域が元気になることを現場の生産者、支援者の皆さんと共に日々実践していることをとても誇りに感じています。 「地域を活かし、そしてつなぐこと」をスローガンに訴え、いつの時でもチャンス(chance)ととらえ、絶えずチャレンジ(challenge)し、チェンジ(change)を果たしていくことの「三つのC」をモットーにしています。

2 Replies to “北の大地で人に酔う(その1)”

  1. 今年の雪の日に寒いところに居る・・・と、仰っていたのは、北海道だったのですね。雪はいっぱいあるのに白樺の木には雪は積もってなくて青空がとてもキレイです。シリーズの続きを楽しみにしています!

  2. はなさん コメントありがとう。北の大地はどこを見ても珍しいものばかり。事炉変われば、ですね。今、気温32度の熱帯の街にやってきています。体がおかしくなりそうです。食べ物が大事ですね。世界でも日本でも地方の農業者や農業支援者がとても元気にがんばっていますよ。

コメントは受け付けていません。