世界を俯瞰して考えてみる(その1)

                    
連休を挟んで、これまで10日余り、
宮崎を除く九州6県と山口県を廻ってきました。

    
Dsc_3347
九州の穀倉地帯-佐賀県   JR特急かもめからの車窓

    
   

いつまでも続くのでは、と思わせるほどの猛暑も
台風余波の雨もあって、涼しさが戻ってきた。

   

28℃でも涼しくなった、ってんだから、尋常でない。

                            

農水産業の現場を廻ると、あらゆる産品に日照被害や高温障害などの影響が出ており、病害虫の発生や収穫の遅れ、規格外品の大量発生などが起こっている。

   

甘柿の産地では気象の影響で、ある品種については歩留まりが悪化していて、厳しい状況を迎えようとしているところもある。

   

Dsc_0685
日曜の夜というのに大勢の生産者の皆さんが勉強に集まってきてくれた 福岡県
    
Dsc_0687_2          

     

また、夏の高温で赤潮が異常に発生したため
沿岸部での水産養殖業へのダメージはことのほか大きく、
深刻な状態にある事業者も相当数に上っている。

    

Dsc_2616

     

口蹄疫のような大きなニュースにもならず、
世間が知らないところで様々な対策が施されているが、
年末から来年にかけての見通しも立たなくなっているケースや
加工場も休止している地区もある。

   

現場の様々な現状や要望をうかがうにつけ、
第一次産業の厳しさを改めて思い知らされた。

   
    
Dsc_0781
大型ショッピングセンター内に設けられた県産材とふれあうコーナー  熊本県
地域の元気企業の挑戦的な取り組みだ。子供たちがなかなかその場を離れない。
自然のオーラがあるから?

              Dsc_0912_2JR新八代駅で
         
 

Dsc_2832
地域の野菜づくしの郷土料理  
素材と調理技術の融合が眼と舌の上で交響楽を奏で、人知れないところで手間を惜しまない生産者や調理人の心意気のようなものを感じて心底感激する  

          

      
さて、九州行脚の最終目的地は長崎である。
    

かつての外国交易の窓口であり、維新回天の舞台ともなった地である。

   
Dsc_4100

   

長崎では、農商工連携のプロデューサーを志す皆さん方と交流し、
私からは、出島精神が息づくこの土地らしくスケールの大きい海外との連携も含めた、大胆で型破りなコーディネートの必要性について熱く訴えたのだった。

   
Dsc_3575
研修会の会場外観

   

Dsc_4171  早くから中国人観光客を積極的に誘致している先進県

  

Dsc_3712
「瓦と教会」 僕はこんな風景が大好きだ   中町教会 

   
                                 (次回に続く)
             

The following two tabs change content below.

田中 豊

地域の元気づくりと海外ビジネスを通じて、日本を元気にしたい行動派プロデューサーです。 海外ビジネスの参謀役として長年活動してきました。 とりわけ農林水産業を振興にすることで地域が元気になることを現場の生産者、支援者の皆さんと共に日々実践していることをとても誇りに感じています。 「地域を活かし、そしてつなぐこと」をスローガンに訴え、いつの時でもチャンス(chance)ととらえ、絶えずチャレンジ(challenge)し、チェンジ(change)を果たしていくことの「三つのC」をモットーにしています。

2 Replies to “世界を俯瞰して考えてみる(その1)”

  1. 奇しくも昨日、長崎で講演して参りました。
    アジアビジネスの話しで、燃えてきました。
    話はヘタクソですが・・・(笑)
    参加者の方も燃えていただければ、役に立ったことになります。
    自分自身、俯瞰してみる目をもっと鍛え込もうと思います!
    北の大地でも、台北でも、旨い物を摘見ながら語らいたいですね!
    ゆっくり時間を楽しむことも必要だと痛感しています。

  2. じーこむら先輩コメントありがとうございます。長崎で熱い講演会だったのでしょう。聴講したかったです。私も今大切なことは、国民一人ひとりが自信を持って新たな挑戦をすることで熱く燃えることだと思います。数時間前に台北から帰国しました。わずか2泊でしたが、商談と新規販路開拓のほかに、日曜日の夕方半日売場に立って販促活動もしました。海外用に加工した一本850台湾元(日本円で約2300円)にもなる農産加工品の濃縮ジュースを数本売るのに結構てこずりました。わずか2ヶ月ぶりでしたが、また状況は一変しています。多くの人は円高を理由にしていますが、原因はもっと多様であり、私たち側の意識に根付く多くの課題が見えてきました。フロンティアの元気な皆さんがリスクに向き合って現場で奮闘しています。僕はまだまだ発展途上で、同行の事業者の皆さん、海外の現場の皆さんに教わることばかりで、今回もまた生徒の心持ちで帰国しました。

コメントは受け付けていません。