オリンピックが開幕

昨日、イタリアのトリノで冬季オリンピックが開幕した。

一昨年のシドニー夏季オリンピックでは、
日本の若者たちの大活躍でメダルラッシュとなり
国内が大いに盛り上がったことは、まだ記憶に新しい。

060212torino
(画像はロイターより)

4年に一度の最高のステージで、世界を相手に競技や演技で
自分最高のパフォーマンスを目指して躍動する若者の姿は
いつも私たちを感動させる。

そのわずか数秒数分数時間のために
日々厳しいトレーニングを行い、
自己の身体と精神を極限まで高めるプロセスを思うと
感動もひとしおだ。

今、日本の若者はニートだフリーターだと
世の大人たちから蔑まされているが、
この豊かな環境の下で
どっこい世界を目指して、金メダルを目指して
頑張っているのは本当に頼もしい。

凡人には縁のない天賦の才能に加えて、
厳しいトレーニングをしたものだけが得られる資格だと思われがちだが、最も重要なのは、世界に挑戦する、世界一を目指すという志や高い目的意識をまず持っていることだ。

また、最近では、その競技のコーチだけではなく、専任のトレーナーや栄養士、心理学士、広報マネージャーなどの専門家を集めチームを作って、長期のプログラムをもって戦略的に取り組む選手もいるという。

また、国や大学、企業などの支援を受けているケースも多い。

これを良く考えてみると、今我々が取り組んでいる「ニッポンを売る!」事業と共通点があまりにも多くはないだろうか

私は、よく講演で、このスポーツの例をとって農水産業や食品、地場産業の関係者に訴えることがある。

「日本一の商品は、品質ではそのまま世界一の可能性が高い。金メダルはともかくとして、国際試合で鍛えることで、自分たちの実力をもっともっと高めてはどうだろうか!」と。

欧米市場をはじめ、最近では香港、シンガポール、上海などアジア大都市の市場も、世界中の商品がしのぎを削って販売競争を繰り広げている。しかも、同じ世界市場の東京と違って、言葉も商習慣もまるで異なる敵地(アウェー)戦である。

高い目標意識を掲げ、外部の様々な専門家をチームに取り込んで、海外にも通用する商品作りを目指せば、内外での競争力強化に大いに役に立つこと請け合いだ。

もちろん厳しいプロセスや涙のドラマもある。

世界を目指すのは、ひとつスポーツの世界や精密工業産品ばかりではない。

The following two tabs change content below.

田中 豊

地域の元気づくりと海外ビジネスを通じて、日本を元気にしたい行動派プロデューサーです。 海外ビジネスの参謀役として長年活動してきました。 とりわけ農林水産業を振興にすることで地域が元気になることを現場の生産者、支援者の皆さんと共に日々実践していることをとても誇りに感じています。 「地域を活かし、そしてつなぐこと」をスローガンに訴え、いつの時でもチャンス(chance)ととらえ、絶えずチャレンジ(challenge)し、チェンジ(change)を果たしていくことの「三つのC」をモットーにしています。