10歳の少年の夢がかなった日(その1)

わたしが10歳のころ、ふと目にした世界全集のグラビアの一ページにくぎ付けになった。

それは崖を繰り抜いて作られた巨大な摩崖仏で、そのスケールの大きさと茫洋とした風貌が私の心をとらえて離さなかった。けし粒大に過ぎない人間が仏様の足の下で蟻のように右往左往している・・・。

あれから40余年。中国の楽山市に来た。

楽山(らくさん)の街は、中国四川省成都の南約120km離れている中国の奥地である。成都からは高速道路が出来ていて、文字通り楽に行けるようになった。

楽山大仏と称するモニュメントを前に私も仁王立ちになって相対する。

一目見るなり「でかいっ!」思わず口をついて出る。

その大きさと言ったら奈良の東大寺の大仏が小さく見える。さもありなん、高さ71メートルで奈良の大仏の五倍だそうである。

眼前を滔々と流れる岷江(みんこう)の怒りを鎮めるために建立されたという。

しかも、建造された804年当時、多くの大仏が国家によって造られたのに対して、楽山大仏は民衆の力で作られたという。こんな時、中国人の持つ大衆の、時代や世代を超えた底知れぬパワーを感じるのだ。

40年たった今でも相変わらず仏様の足元で、蟻のように人が右往左往していた。

10歳の少年の夢がかなった瞬間だった。

その当時は海外なんて夢のまた夢。ましてや闘争に明け暮れていた竹のカーテンの中国の奥地に行けるなんて思ってもみなかった。静かではあるが、飛び上がりたいほどの興奮をしたことを覚えている。

(2006年筆)

The following two tabs change content below.

田中 豊

地域の元気づくりと海外ビジネスを通じて、日本を元気にしたい行動派プロデューサーです。 海外ビジネスの参謀役として長年活動してきました。 とりわけ農林水産業を振興にすることで地域が元気になることを現場の生産者、支援者の皆さんと共に日々実践していることをとても誇りに感じています。 「地域を活かし、そしてつなぐこと」をスローガンに訴え、いつの時でもチャンス(chance)ととらえ、絶えずチャレンジ(challenge)し、チェンジ(change)を果たしていくことの「三つのC」をモットーにしています。

最新記事 by 田中 豊 (全て見る)