JAの新たな挑戦

福岡県のほぼ中央、JA筑前あさくらで農産物の輸出に関する講演を行った。
この3年間、同様のテーマで、26ヶ所の農業組織や団体で話題を提供したことになる。
海外での販路開拓のためには、海外で活動するだけでなく、
「国内の生産地・流通を巻き込む大きなうねりを作り出すこと」
これが私の大原則である。
asakurakaikan
今回は、ナシ部会の総会の後での講演ということで、
多くの生産者の皆さんが集まった。
nashi
輸出のために展示される福岡のナシ
昨年、4度にわたる台風が原因で、
生産・出荷にも大きな影響が出たこともあり、
総会では、厳しい経営環境に対する深刻な意見が飛び交った。
その厳しさたるや、改めて認識を深くする…。
このような光景は、この地域だけでなく、またナシだけでもなく、
すべての農産物で見られる、まぎれもない現実だ。
nashibukai
JA筑前あさくらと言えば、
農産品の輸出では、九州でも特筆すべき農協のひとつである。
それは、さかのぼること13年前、
福岡県が、初めて香港市場に向けての産物を定期的に輸出する事業を始めてから、
これまでずっと輸出を維持、発展させてきた農協だからである。
全国的にも知られている「博多万能ねぎ」は、ここが開発したものだ。
bannnohnegi
博多万能ねぎは、いまや香港では、
一部の地元スーパーでも見かける定番アイテムになっている
かつて、薬味用の小ネギは、香港では野菜を買った客に、
八百屋が、香菜(シャンツァイ)と共にタダで付けてくれる「景品」商品だったのだ。
(今でも台湾では、その習慣があるため、なかなか高級野菜として認知されていない)
しかし、JA筑前あさくらの担当者は、10年余りの奮闘の末、
「景品」から一気に定番野菜へと地位を向上させたのである。
日本全国にも普及させ、また同時に香港でも実現させるという、
この執念と努力にはとにかく敬服するに値する。
また、日本一の生産量を誇る甘柿(富有柿など)もこの地域の特産で、
数年前までは台湾向けに輸出され、好評を博していた。
2時間近くにわたる私の講演にも、
誰一人として居眠りする人は見かけられず、
改めて生産者の真剣さに身の引き締まる思いがした。
講演終了後、
3年間お付き合いさせていただいている手嶋なし部会長が
「今年はなんとしてでも、我々のナシをアジアへ輸出したい!」
という決意をこめた言葉が印象的だった。
「販売の現場」と「生産の現場」
この双方の厳しい現実から眼を離しては、真実は見えてこない。

台湾での農産品販促活動

1月18日から、台湾台北(タイペイ)の日系百貨店で福岡物産フェアを開催している。
旧正月(今年は2月9日が旧の元旦)前の歳末シーズンということも重なり、
売り場は買い物客でごった返した。
このお店は、台湾でも高級住宅街として知られる「天母」という場所柄、
高級商品の品揃えを追求しており、日本から食材を輸出する意味では
いいテストマーケティングになると期待している。
今回、福岡から、イチゴの「あまおう」をはじめ、甘柿、葉物野菜類、
とんこつラーメン、明太子、各種和洋菓子などを出品。
開幕前は、どうなることかと心配もあったが、
いざ開店してみると、あまおうをはじめ、予想以上の手ごたえを感じた。
mitukosi
開店直後、まだ搬入作業も終えておらず、
売り場も雑然としているところに
一人のお客様が、「あまおうは今買えますか?」と
問いかけてきたのには一同ビックリした。
その後は、エスカレーターで地下売り場へ降りてくる客のほとんどが
福岡フェアの売り場へ足を運び、
興味深そうに商品をのぞき込む。
ひとパック450元。日本円にして約1500円である。
福岡での市価の約3倍の値段。
実は、この3倍とか10倍とかの比較は意味がないことを
これからの記事で解き明かしていこうと思う。
まだ開店まもない午前10時ごろ、
トレーナーを着た若い男性が「あまおう」をギフト用にぜひ欲しいと言ってきた。
タイペイの他の日系デパートや高級スーパーを数店舗探したのだが
売り切れてしまっていて手に入らない、と言うのだ。
この天母という所は、市街地から結構距離がある。
わざわざフェアの広告を見て、祈る思いで足を運んで来た、という。
「本当にありがたい!」
心の中で何度も頭を下げて応対した。
でも、感情にふけってばかりいられない。
包装中もいろいろインタビューさせていただいた。
このような情報こそ、生きたマーケティングリサーチ。
アッパーミドルの若い台湾人消費者の一面を知ることができた。
やはり知りたい情報は、現場にしかないのだ。

首相の施政方針演説から

小泉首相は、21日の国会施政方針演説で、

「海外では、ナシやリンゴなど日本の農産物が高級品として売れています。
やる気と能力のある農業経営を重点的に支援するとともに、企業による農業経営への参入を進め、
農産物の輸出増加を目指すなど「攻め」の農政に転換いたします。 」

と表明した。
文字にしてわずか数行しかないが、その意味するところは大きいと思う。
やる気と気力のある農業経営を重点的に支援、というのが
何を意味するのかは、必ずしも明確ではないが、
日本の農産物輸出が、ひとつのテーマになったことだけは間違いない。
三年前、福岡でこのプロジェクトに着手してから、
まさか首相の施政方針にも加えられるとは、誰が想像しただろうか。

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
「災い」多き2004年も終わり、新たな希望を込めて2005年を迎えました。
昨年は、アジアビジネスのコンサルタントとして、「守り」から「攻め」への転換を提唱し、そして実践してきました。
特に、日本産農産物のアジアマーケットの輸出について顕著な実績を上げることができました。
しかし、まだまだ端緒についたばかりであり、これから、その奮闘ぶりを中心に、このブログを通じて紹介しようと思います。
元旦にいつも思い出す中国の言葉に、管仲の
「一年の計は穀を樹うるに如かず
十年の計は木を樹うるに如かず 
終身の計は人を樹うるに如かず」があります。
壮大なるビジョン実現のために、
まず今年どんな種や苗を蒔き、そして人材を発掘するか。
自然と気合が入ります。
本年もどうぞよろしくお願いします。

はじめに

誤解しないでください。決して「日本を売る」のではありません。
優れたニッポンの商品・地域を「アジアに向けて」売り込むのです。
日本全国に無数に広がる優れたジャパンブランドの地場産品輸出。
世界に誇れる観光地とおもてなしの心。
そして、海外に進出するばかりではなく、日本の各地に企業を誘致して、
地方を舞台にビジネスを起こす。
「輸出・誘致」というこれまでとは逆の発想で、アジアビジネスを考えます。
併せて、このブログのことを紹介してくれた同志「やまけん」さんに心から感謝します。